ミントリフトの特徴

注射器

肌を切らずにリフトアップ

エステサロンやヘアサロンなど美容系の店舗が多い銀座に通う女性の中には、美容外科クリニックで若さをキープしているという人も少なくありません。見た目の若さは肌のシワやたるみによって大きく左右されることから、銀座の美容外科クリニックではシワ・たるみを解消する美容整形が人気です。数多くあるシワ・たるみを改善する美容整形の中でも、肌を切らずにリフトアップできる「ミントリフト」は話題を集めています。ミントリフトは顔に特殊な糸を挿入して、たるんだ皮膚をリフトアップし様々なシワやたるみを軽減できるというものです。1cm伸びると5歳老けて見られると言われているほうれい線や、マリオネットライン、フェイスラインのたるみに効きます。美容整形でシワやたるみを改善する方法には顔にメスを入れるものもありますが、切るフェイスリフトに抵抗を感じる人も少なくありません。メスを入れることで術後のダウンタイムは長くなりますし、どうしても傷跡が残るというリスクが考えられるからです。ミントリフトの場合、極細の針を使い皮膚をリフトアップする糸を挿入していくので、術後に傷跡が残るというリスクが無いのが人気を集めている理由の1つです。さらに皮膚を切開・縫合するという手術を行わないため、ダウンタイム期間は約1週間ほどと、他のフェイスリフトと比べると短くなっています。ダウンタイム期間が短く、さらに傷跡の心配も無いのにも関わらずリフトアップ効果に優れていることから、リスクの少ない方法で若返りたいという人にミントリフトは選ばれています。

最先端の街として知られる銀座ですが、それはファッションなどだけにとどまらず医療分野においても、最新の施術を取り入れている医療機関が多いようです。特に年々、技術の進歩が目覚ましい美容整形においても銀座にある美容外科クリニックは、最新の施術法を取り入れている所も少なくありません。例えば、糸でのリフトアップも新しい施術法と言われている「ミントリフト」が受けられる美容外科クリニックが、銀座には数多く存在しています。糸を顔に挿入してリフトアップさせ、シワやたるみを軽減させる施術法が以前から行われていましたが、ミントリフトの場合は使用する糸が特殊です。ミントスレッドを使い施術を行うのですが従来使われていた糸と比べると、コグという突起が糸の双方についており、強度が強いという特徴があります。コグが双方についていることによって、より皮膚内部の組織を引っ掛けやすくなり古いタイプの施術法よりも、強い力で肌をリフトアップすることが可能です。グンとたるんだ肌を持ち上げることができるミントリフトは、メスを使う美容整形級に若返り効果が期待できるとして、多くの患者さんに選ばれています。さらに、ミントスレッドを皮膚の中に挿入することで、周囲のコラーゲンやヒアルロン酸の生成量がアップし、自然と肌のハリ感や弾力性をアップする効果も期待できます。挿入した糸は時間の経過と共に吸収され無くなってしまうものの、ミントフリフトの持続期間は約1年から3年ほどとメスを使わない美容整形としては長いのも魅力です。